寄贈先が全国15道府県を超えました

スマートフォンアクセサリー・生活雑貨の企画・販売を行う株式会社ROOX(本社:東京都豊島区。以下ROOX)は、髪型やお化粧が崩れないメガネ型フェイスシールド「フルフェイス・クリアシールド」を、聴覚障がい者団体や医療機関に寄贈するROOXの活動について、2020年6月5日現在で、寄贈先が15道府県にわたったことを発表いたしました。あわせて、一部のチャネルでのみ限定的に販売していた当商品を同日より一般向けに販売開始することをお知らせします。

夏が近づき気温が上がる中で、長時間のマスク装着が熱中症を引き起こすリスクが指摘されています。そのような中、フェイスシールドは、風通しもよく、また顔全体を飛沫からカバーできるアイテムとして注目を集めています。
一方で、フェイスシールドの多くはバンドで頭に固定する方式を採用しており、その形状から、髪型が崩れる、頭付近が暑い、などの課題を抱えています。加えて、形状によっては光の反射が起こりやすく、顔や表情が見えづらくなるなどの問題がありました。

「フルフェイス・クリアシールド」はメガネ型の支持具にシールドを固定することにより、頭ではなく、鼻で支える仕組みを採用。眼鏡のようにさっと着脱でき、髪型が乱れないというメリットが生まれました。また、額を押さえないため、風通しもよく、夏も快適にお使いいただけます。
メガネをしていても問題なく着用できること、小学生のお子様から大人までどなたでも使用できるフリーサイズであること、目からシールドまでのクリアランスが十分に確保されていて圧迫感がないことなど、数多くの特徴があるほか、曇り止め加工により、シールドの透明度を高めたことで、着用者の表情が口元がはっきりと見えるのも大きなポイントです。

ROOXでは「フルフェイス・クリアシールド」のこうした特徴が、医療機関はもちろんのこと、表情や口の動きがコミュニケーションの重要なキーとなる場面でご活用いただけるのではないかと考え、各都道府県の聴覚障がい者団体さまへの寄贈活動を進め、6月5日現在で寄贈先が15道府県に達しました。
寄贈先の団体さまからは「おでこのお化粧が取れることがないのが嬉しい」「表情がはっきり見える」「透明感がすごい」「分解して持ち運びしやすい」とお褒めの言葉をいただき、標準アイテムとしてご採用をいただくことになったケースも複数出ております。
ROOXからの寄贈の申し出は、現時点ではすべての県に行き渡っておらず、これからも継続して参ります。(なお、各県の聴覚障がい者団体さまから直接のお申込みがあった場合には即時対応可能であり、随時申込みを受け付けます。)

これまでは製造が追いつかず、医療機関、接客業のお客様に直接お納めするほかは、一部のオンライン販売チャネルでしか提供しておりませんでしたが、一般のお客様への販売が可能となる体制が整いましたため、6月5日より一般販売を開始いたします。
本製品は、アスキーストアさまでご購入いただけるほか、ビックカメラさまでも販売いたします。

【関連情報】
製品情報: https://www.roox.jp/products/ffsgls/
アスキーストア: https://ascii-store.jp/p/4580046892341/
ビックカメラ.com: https://www.biccamera.com/bc/item/8123484/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B08937WQ3C/

(ビックカメラさまへの納品は合同会社PFJが行っております)

本件に関するお問合わせ先:
株式会社 ROOX (担当:高方)
電話: 03-3565-6815