反社会的勢力の排除

株式会社ROOX(以下、「当社」という。)は、政府が公表する「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を踏まえ、以下の通りに反社会的勢力の排除方針を表明いたします。

 

  1. 当社は、当社が下記の各号いずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、確約いたします。
    1. 暴力団、暴力団構成員、暴力団関係企業もしくは関係者、総会屋、その他の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」という)であること。
    2. 役員又は実質的に経営を支配する者が反社会的勢力であること、または反社会的勢力であったこと。
    3. 反社会的勢力を利用、関係していること。
  2. 当社は、自ら又は第三者を利用して、下記の各号いずれの行為も行わないことを表明し、確約いたします。
    1. 暴力的な要求行為。
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為。
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為。
    4. 反社会的勢力への資金提供を行う等、その活動を助長する行為。
    5. 風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、業務を妨害する行為。
    6. その他前各号に準ずる行為。
  3. 当社は、当社のお取引先・当社の従業員・その他当社の利害関係先が反社会的勢力に脅かされることがないよう、以下の事項について経営者を中心として全社一体となり、取組んで参ります。
    1. 反社会的勢力による不当要求に対応する従業員の安全を確保すること。
    2. 反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築すること。
    3. 反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係をもたないこと。
    4. 反社会的勢力による不当要求は拒絶し、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行うこと。
    5. 反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事案を隠ぺいするための裏取引を絶対に行わないこと。
    6. 反社会的勢力への資金提供は、絶対に行わないこと。
    7. 以上の有効性を確保するため、社内の風通しを良くし、相談しやすい環境の構築に努めること。


当社は、上記の方針の有効性を担保するため、従業員やお取引先などに、同様の誓約を求める場合があります。